園の特色

キリスト教保育

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。 テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章16節~18節

当園はキリスト教保育をもとに保育活動を行っています。子どもが「今」、現在の生活において喜びを持って生きることは、将来への希望を培っていくものだと考えています。日々の生活の中で祈り、喜び、感謝できるということは、いくつになってもその人を支える力となります。保育者、保護者が一緒に子供たちのことを祈りながら、成長を見守っていける園でありたいと願っています。

長い歴史に育まれた確かな保育

田園調布ルーテル幼稚園は戦後の復興に湧く1952年、地域への愛と奉仕の実践としてスウェーデン系アメリカルーテル教会の宣教師により「めぐみ愛児園」としてはじまりました。1954年東京都公認幼稚園に認可され、「田園調布ルーテル幼稚園」となりました。

当園が大切にしていること

遊びは喜びの宝庫

子どもたちの遊びの時間を大切にしています。“何をして遊ぼうか”、“どうやったらできるかな”など、大人が考える以上に子供たちは多くのことを学びます。友だちとの意見の違いや、衝突もあります。そんな中から協調性も学んで行きます。そして何より、力一杯遊べることは子供にとって大きな喜びだと考えています。

祈れる子どもは強い

各クラスでの毎日の祈りに加え、週に一度、礼拝堂に集まり静かに牧師のお話を聞きながら讃美歌を歌い、祈る時間を設けています。祈りの時間は神様とのお話の時間です。神様に愛されているということを知ることは、安心や自信につながり、強い心を育てます。

感謝の心を育てます

園生活の中で、子どもたちは様々な体験をします。そして、たくさんの“ありがとう”を送り合って過ごします。「おもちゃを貸してくれてありがとう」「手伝ってくれてありがとう」「お弁当を作ってくれてありがとう」。どんな小さなことにも感謝を忘れないことは、お互いを愛し合うことにも繋がります。

今日のみんなはどんなかお?ブログ

預かり保育・課外保育

あそびにきませんか 未就園児クラス

田園調布ルーテル教会